top of page
PB_Web_2.jpg

​本展示について

本展示は、自室をモチーフにした自作ゲーム「自室境界」を自らプレイ・記録した映像作品「自室境界 END-2」と、この映像作品の制作過程で生まれたいくつかの習作から構成されています。本制作では私自身と自室の関係性を起点に不条理で不可視な自室の変容とその空間に身を置く居住者の様子を、ゲーム表現を通して描きだすことを試みます。

自室境界 END-2 (映像:22分30秒)

自室境界 END-2 冒頭7分

あらすじ

パンデミックの発生に伴い自宅から出ることができない主人公とその同居人の女性。あるときリビングの工事のため作業員が訪れる。作業員は同居人の女性と徐々に仲良くなり、リビングの改築を勝手に進めていく。その状況の中で主人公はなぜか部屋から出られず( もしくは自らの意志で出ず) 、ふすまにあいた穴からその様子を眺める。眺めてはベッドに座り、眺めてはベッドに座り… を繰り返していく。

コンセプト

本作は、私が普段生活を営む自室を3DCG上に再現し、私自身のアバターを操作するゲーム「自室境界」の記録映像作品です。私が自身で制作したゲームを、自ら遊び(=play)、安全圏であるはずの自室を介して寧ろ孤立していく「私」という主人公を演じ(=play)、それを(unplayableな形式である)「プレイ動画」として記録することで、鑑賞者に再生(=re-play)してもらいます。

 私たちは日常的な現実をplayableなもの(=介入可能なもの)として生きている一方で、昨今のパンデミックが我々の記憶に新しいように、時として外部からの介入によって引き起こされた変化を、ただ傍観することしかできない状況に陥ることがあります。そして、そのような「介在余地のなさ」(=unplayablity)は、社会規模な事態の進行下に限ったものではなく、他の(playableな)行為主体であるところの他者との関係においても、日常的に経験されるものではないでしょうか。

 私はそのような「介在余地のなさ」に強い苦痛を感じつつも、同時に好奇心に似た欲望を覚える自分に気づくことがあります。それはplayable/unplayableという二つの認識の紙一重な「境界」に触れたときにこそ、我々の実存が問われ、生き(=playし)続けることの意味を感じられるからかもしれません。遊びの道具として制作されるゲームというメディアは、実際にはplayable/unplayableなものを厳密に定義することで、playableな要素だけに注意が集中するよう設計されますが、本作ではこの関係を逆転させています。unplayableな要素に注意を向けることで、鑑賞者が境界の上で自分自身の実存を問う機会となることを願います。

展示情報

展示:「自室境界にて」
期間:2024年2月21日(水) ~ 2月27日(火)
時間:11時~20時(21日:14時~20時/27日:11時~16時)
場所:Room412(〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町15-8 高木ビル412号室)

入場:無料
支援 : 令和5年度文化庁メディア芸術クリエイター育成支援事業 創作支援プログラム / 
令和5年度公益財団法人アイスタイル芸術スポーツ振興財団

​自室境界 END-2上映に関する注意

・11時から20時00分まで30分おきに上映します。
 (例:11:00~/11:30~/.../19:30~20:00)
・開始5分前から上映室にお入りいただけます。
 (例:12時30分の回→12時25分より入場可)
・上映室の座席は5つです。立ち見も可能です。
・途中入室はご遠慮いただいております。

​・作品の撮影や録音はご遠慮いただいております。

bottom of page